現在販売中の『SUPER CARGO U』の製造工程をご紹介します

  1.部品のオーダー

2.検品チェック 直接現地で確認します

3.部品の輸入代行

4.製作台数分の部品を分別
5.塗装 オーダーに合わせ塗装します
  完全に乾くまでに数日を要します


 
6.オリジナル部品の作成
  既製品で無い部品は自社にて製作します
  (写真はサイドスタンドとスウィングアーム)

 
7.配線の作成
  必要な長さに切り、接続部品を取り付け束ねる
  (マーチでは0.3o以下の線は使用しておりません)

8.フレームの組み立て
  ボールジョイント等にはグリスアップ、緩んでは
  いけないヶ所は緩み止め加工をいたします
  (基本前部から製作していきます)

9.前輪周りの組み立て
  ホイールにバルブとタイヤを組み付けます
  タイヤの中心線が大凡フレームの中心ラインに
  なるようにカラーで調整します
  (最終にアライメント調整をおこないます)
10.後輪(モーター)の組み付け
   モーターにバルブとタイヤを組み付けます
   同時にブレーキディスクも取り付けます
   ブレーキキャリパーステーは調整加工します
11.サスペンションの組み立て
   サスペンションは使用用途や注文に合わせ、
   シングル・ツイン・固め・柔らかめと選択します
   (車体に無理なねじれが起こらないように注意)
12.後輪の取り付けとバランス調整
   特殊工具にてアライメント調整をします
   (車両が安定して走るようになります)

13.電子ユニットの取り付け
   (コントローラー、コンバーター、電子キー)

   SUPER CARGO Uでは最低限の配線しか接合
   しません
14.配線の取り付け
   カギやホーン、ウインカーリレーも取り付けます
   配線の用途が解らなくならないように注意

   通電チェックを行いながらの作業になります
15.ハンドル周りの組み立て
   併せてブレーキのエアー抜きも行います

   原型の完成
16.ライト、ウインカーの取り付け
   SUPER CARGO Uでは前かごの下に付きますの
   で同時に荷台用フレームの組み立ても行います

   後部のライト、ウインカー類も取り付けます
17.メーターの取り付けと左右スイッチ類の接線
   配線は線色に決まりがなくメーカーにより異なり
   ますので、確認をしながらの作業となります

   メーターの取り付け部品もここで作成します
18.ブレーカーの取り付け
   車体側に安全ブレーカー(スイッチ)を取り付けます

19.バッテリーの取り付け
   バッテリーは走行時に動かないように車体側を加工

   バッテリーを繋げるときは必ずブレーカーをOFF
20.外装の取り付け
   適時外装のネジ穴が合うようにフレーム側を加工

21.メーター調整
   許容範囲内誤差10%にて調整します
   ※現在の電動バイクは殆ど電子信号式なので調整
   が可能です
22.磨き(ワックス)を行い試験運転をして完成
   
   SUPER CARGO Uのページはこちら

          電動バイクTOPへ戻る