「Carry Power」諸元

   「Carry Power」Topページ

   「Carry Power」過去の災害時での想定使用法  

   
 @ 主電源 (使用時にON)
 A AC100V充電用コンセント
 B 充電開始スイッチ
 C DC12V JUMPソケット
 D DC 5V USB電源スイッチ
 E DC5V USB接続口
 F ソーラー充電、カープラグコンセント使用スイッチ
 G ソーラー充電、カープラグコンセント接続口
 H 充電インジケーター (確認ランプ)
 I 電圧計
 J インバーター温度計
 K 時計

Carry power使用方法

1.AC100V 家庭用電源による充電方法
    @を家庭用電源(コンセント)へ差し込みます 
     インジケーターBのランプが緑の点灯をします
Aの充電スイッチをON(−表記)にします ※終了はOFF(○表記)
     インジケーターBのランプが赤の点灯に代わります
 
インジケーターBのランプが緑、もしくは充電スイッチをOFF(○表記)にして主電源CをONにしたとき、メーターDの電圧が13.0〜13.4Vありましtら満充電であります
※充電電流は1Aなので満充電までには時間がかかります



2.AC100V 家庭用電源による充電方法 急速充電
   
 



3.自動車発電機からの充電と使用方法 (本体充電をしながら使用できます)
   
コネクター@を自動車バッテリーに接続
ジャンプ側のプラグBを蓄電池本体側Cに接続
自動車のエンジンを始動
主電源DをONにする
主電源は主電源DをOFFにしてコネクター@、Bを外します
※本体は充電中でも使用できます
  ※ジャンプコネクター(クリップ側)@
                  赤 : +
                  黒 : −
注意事項 : 必ず主電源DはOFFの状態で接続、取り外し作業は
        行ってください



4.ソーラーパネル充電方法 維持充電
    まずソーラーパネル@のランプを確認してください
消灯でしたら充電致しません (光量不足です)
※パネルはしっかりと太陽光のあたる場所に設置してください
室内灯(電気あかり)では光量が足りず殆ど充電できません
パネル@の点灯を確認して日光のあたるところへ設置
パネル側Aを蓄電池本体側Bへ接続
ソーラー電源CをON(−表記)にする 充電開始
終了は電源CをOFF(○表記)にする
本体は充電中でも使用できますが、殆どの家電出力はソーラー入力を
上回りますので充電(蓄電量)の積算は行われません



5.AC100V 使用方法
    主電源@をONにします
     Aのインジケーターにバッテリーの電圧(V)が表示されます
インバーター電源BをON(−表記)にします
Hzの切り替えスイッチを確認します 
Cに使用する電気製品を接続します
     使用しながら充電することもできます

注意事項1 : 静岡県富士川と新潟県糸魚川を結ぶラインから
        西日本 60Hz 、 東日本 50Hz となっております
注意事項2 : インバーター出力 定格1000W
        本体能力の80%(800W)以下での使用を推奨します
インバーター出力は使用製品の合計になります
例 : 20W+50W+30W=100W



6.DC5V USB 使用方法
    主電源@をONにします
     Aのインジケーターにバッテリーの電圧(V)が表示されます
【使用するUSB製品が1点の場合】
Bの電源をON(−表記)にしてCにUSBを接続します
     もしくは
インバーター電源DをON(−表記)にしてEにUSBを接続します
【使用するUSB製品が2点の場合】
単体接続C、インバーター接続E双方合わせて使用出来ます

使用の終了はD、B、@各スイッチ、主電源をOFF(○表記)にします
AC100V電源との併用も出来ます
注意 : インバーターの使用はAC100VとUSBを含む総W数になります

使用しながらでの充電も出来ます



7.DC12V 使用方法
    主電源@をONにします
     AC100VやUSBの使用と同じく電圧(V)が表示されます

本体AとジャンプコネクターBを接続します
コネクター先端CをDC12Vで使用する製品に接続します
※ジャンプコネクター 赤色クリップ : +(プラス)
              黒色クリップ : −(マイナス)

重要注意事項1
本体AとジャンプコネクターBを接続した時点でジャンプコネクター先端
CにはDC12Vが通電しております
先端の赤クリップと黒クリップを絶対に接触させないでください
重要注意事項2
絶対に自動車のバッテリー上がりに使用しないでください



8.外部バッテリーの接続(並列繋ぎ)方法  エクスターナルコネクション
     自動車用バッテリー DC12V
ジャンプコネクターBを接続するバッテリーEと繋いでください

本体@とジャンプコネクターAを接続してください

本体主電源CをONにしてください

外部バッテリーの接続完了  これで使用できます
重要注意事項1
終了時は本体電源CをOFFの後に@とAを外してください

重要注意事項2
ジャンプコネクターBと接続物Eの+−の接続を間違えないでください



9.自動車発電機接続方法  エクスターナルコネクション
     自動車搭載バッテリー
ジャンプコネクターBを接続する自動車バッテリーEと繋いでください

本体@とジャンプコネクターAを接続してください

本体主電源CをONにしてください

自動車のエンジンを始動させてください  これで使用できます
重要注意事項1
終了時は本体電源CをOFFの後に@とAを外してください

重要注意事項2
ジャンプコネクターBと接続物Eの+−の接続を間違えないでください



10.インジケーター(計器)の見方
     電圧計
充電中は充電電圧を表示します
外部接続時は本体と並列バッテリーの電圧が高い方を表示
蓄電量(電圧)は充電を中止して確認してください
 充電電圧 : 14.0V〜14.5V
 計器は左から
 「時計」 「インバーター温度計」 「電圧計」(電池容量)
 
 時計
 電波時計でありますので秒表示の上、電波マークがしっか
 りと表示する場所で自動的に時間を合わせます

 インバーター温度計
 AC100Vを使用中に表示温度が50度を超えましたら、使用
 を中断してください
 インバーターが止まる可能性があります
 満充電時の電圧 : 13.3V〜13.5V
 本体使用可能電圧 : 〜11.0V (AC100V)
                〜10.5V (DC12V、USB)
電圧(電池容量)が低下しますと警音でお知らせします
使用を中断するか外部接続を用いてください
主電源OFF時にも計器上の表示電圧が低下しますので警音が
鳴る時もございます。 これは故障ではありません

写真赤○はインジケーター表示変更です
基本触らないでください