製造工程


1. 部品のオーダー

2. 訪問チェック    

     直接確認します

3. 部品の輸入

4. 製作台数分の部品の分別

    (写真)            

5. 塗装 ※必要に応じて

 塗装が完全に固まるまでには時間を要します

6. オリジナル部品の作成

既製品でない部品は自社制作します。

写真はサイドスタンドとスイングアーム

7. 配線の作成

 必要な長さに切って分岐や接続部の加工をして束ねる

※マーチでは0.3以下の線は使用いたしません

8. フレームの組み立て

 ボールジョイントにはグリスアップをして緩んではいけないケ所には緩み止め防止剤を使用します

基本は前方から組み立てます


9. フロント(前)周りの組み立て

 ホイールにバルブをはめ、タイヤを組み立てます

※タイヤの中心線(地面設置点)が車体の中心になるように調整します

10. 後輪(モーター)の組み立て

 前輪同様にタイヤを組み立て、ブレーキを固定するステー(板)を加工します

11. サスペンションの組み立て

 注文によりサスペンションの強度や沈み込み量を計算し、加工して車体に取り付けます

※車体に無理なねじれが起こらないように注意

12. 後輪の取り付けとバランス調整

 後輪を取り付けた後、前輪との関係を特殊器具にて調整します

※この作業で車両が真っ直ぐに走るようになります。この作業は企業秘密にてお見せできなく、すみません

13. ユニットの取り付け

 コントローラー、コンバーター、電子キー(オプション)を取り付けます

※SUPER CARGOUではコントローラーから出ている束ねてない線(写真上向きの線)のみを使用します


14. 配線の取り付け

 同時に車体へ固定するカギ、ホーンなども取り付けます

※配線用途が解らなくならないように注意

15. ハンドル周りの組み立て

 ここでブレーキのエア抜き等も行います

※原型の完成

16. ライト、ウインカーの取り付け

 SUPER CARGOUでは前かご下に付きますので同時に荷台用フレームも組み立てます

※後部荷台補器類も同様に組み立てます

17. メーターの取り付けと各種スイッチ配線の接続

 配線は線色と配列が異なりますので、確認しながら接続をします

※メーターは種別に取り付け方法がありますので、取り付け部品もここで作成

18. ブレーカーの取り付け

 車体側に安全ブレーカー(スイッチ)を取り付けます

19. バッテリーの取り付け

バッテリーは走行時に動かないように取り付け部を加工して載せます

20. 外装の取り付け

21. メーターの調整

 現在の電動バイクのメーターは、殆んど電子信号式でありますので、調整が出来ます

※誤差と認められる10%以内に調整します

22. 磨きをして完成