出力と航続距離

出力Wと電圧V、電流Aの関係

公式:
   W = V × A

600W出力を48Vで回す時の必要電流
     600=48×A
       A=12.5(A)

同じく72Vで回す時の必要電流
     600=72×A
       A=8.3(A)

同じ出力なら高電圧で回す方が走行距離が延びます




IEC国際安全規格

DC60V以上は危険電圧指定
アース線の義務付けがあります

ISO6469規定

DC60V以上は危険電圧指定

日本電動車両協会規定

DC60V以上は危険電圧指定

知識と法令



日本国内における電動バイクの区分

  原付一種 : 白色ナンバー  600W以下 
  原付二種乙 : 黄色ナンバー  800W以下
  原付二種甲 : ピンクナンバー  1000W以下



道 路 運 送 法 ・ 道 交 法
定格出力
〜50cc ・ 〜定格600W
51〜125cc ・ 〜定格1000W
トレッド(3輪車)
2輪車
〜460o
461o〜
2輪車
〜460o
461o〜
特 殊 条 件


ミニカー
傾斜構造
無傾斜
道路運送法

(保安基準)
原 付 第 一 種
原 付 第 二 種

道路

交通法
法定
速度
30Km/h
60Km/h
道 路 法 定 速 度 

※高速道路は除く
ヘルメ
ット
必 要
不 要
必 要
不 要
免 許 区 分
原付免許
普通自動
小型二輪
普通自動車
そ の 他 事 
ライト点灯

ライト点灯



電動バイクにおける出力法令

定格600Wとは…1時間における熱量が600Wをさします

しかし家電製品のように決まった条件下ではない電動車においてこんなに曖昧な決まりもありません。
なぜなら坂道を下っているときの計測と登っている時の計測、モーター本体の計測、駆動輪による計測、はっきりとした定義がないからです。

マーチは国内大手メーカーに沿わせて解釈をしております


モペット(自転車バイク)における法令

ペダル付バイクですがアシスト自転車ではありません。運転には免許が必要ですしヘルメットが義務付けされております。
自転車の様相をしておりますが原付になります。当然自賠責保険も義務付けられています。

ちなみにアシスト自転車の法令は 「アシスト比が1:1」 「アシストは時速24qまで」 となっております




リチウムバッテリーについて

リチウムバッテリーはその原子によって種別されております
現在用いられています主な原子は
「マンガン」「コバルト」「チタン」「リン酸鉄」などがあります
電動バイクに用いられているのは「リン酸鉄リチウム」がほとんどです
※スマホ等はコバルトリチウムが多く使われております

過去のニュースから今では多くの人が認識しておりますが、リチウムバッテリーは危険物であります。
小さな個体(容積)の中にエネルギーが多く含まれればその分危険になるものであります。
しかしあまり知られていないのが、その危険指数を示すエネルギー密度です。

わが国ではこのエネルギー密度400程度以上は危険としております