製造工程



 マーチの電動バイク制作プロジェクトは2008年よりスタートし、2010年に協力提携工場と提携。
その間約2年間数えきれない程の車種、メーカーを視察、その車両の制作姿勢、メーカーの先見性を判断して現在の提携工場に至っております。

全て国内で生産したい気持ちはありますが、零細メーカーとしての販売能力・生産台数を考慮すると、とても国内生産ではお客様にご提供できる価格設定にはなりません。それで部品を海外生産としております。

しかし重要電気部品関係は国産品を採用しております。

フレームに関しましてもクラック(ヒビ)の入り方によって判別できるので、錆などに惑わされず、この点を重視してフレーム製造の提携工場を選定しております。

ここに01CTを例にマーチのバイクの製造工程をご紹介いたします。